読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

Kelly Joe Phelps - Sky Like A Broken Clock (2001)

 Play styleを大きく変えて発表した一枚。Laptop guitarから、guitarへ。Soloから、bandへ。
 Bluesから、country、folk、balladといった幅の広い要素を取り入れて、よりroots musicと呼ぶにふさわしい作品になっている。

 今までsoloの弾き語り中心から、bandとしての演奏へと変わって、まだ若干手探り状態なのかなという印象。しかし、このbandへの移行は正しい選択だったと思う。この次の作品では、bandとしての完成度も高くなり、country bluesの名盤中の名盤「Slingshot Professionals」が生まれることになる。
 「Sky Like A Broken Clock」はそのための序章といったところ。まだ実験的なのかなという感じもする。もちろん、このalbumでもsong writingは相変わらず素晴らしい。"Tommy" や "Fleashine" など、bluzyなballadを聞かせてくれる。


Kelly Joe Phelps - "Beggar's Oil"

Sky Like A Broken Clock

Sky Like A Broken Clock

 

広告