読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

読書備忘録はじめました。

本の上に置かれたメガネ

 これといった趣味がないせいか、あるいは時間をもてあましているせいか、よく本を読んでいる。
 読む分野は特に拘ってはいないし、同時に3、4冊並行して読むこともある。しかし、これだけ本を読んでいるにもかかわらず、自分の知識が増えたとか、少しは賢くなったという実感がまるでない。

 そもそも本を読んで一回で内容をきちんと把握できない。誰かにこの本どんな内容だった?と聞かれても、あが、あ、あ、うぅ~、といった感じでうまく言葉に出来ない。なんなんだ、これはっ!

 そこで自分なりに、読書がまるで自分のチセイのコウジョーに役立ってない理由をいろいろと考えてみた。
 あれこれ考えた末にひとつ気が付いたことは、読んだ本の内容をぜんぜん覚えていないということだ。まーったく覚えてない。そう、まったく。読んだ先からその内容を忘れている。

 そりゃー、読書が何の役にも立たないわけだ。

 以来、本を読んだら備忘録を書くようにしている。
 備忘録を書くために読み直したり、内容をまとめてみたりすることは、自分の思考を整理することにもつながる。記憶と思考の整理を兼ねていて、一石二鳥だ。

 というわけで、備忘録を書く習慣ができていった。
 これを続ければ、少しは自分の地勢の工場にも役立つだろう。

 備忘録は、はじめは手書きのノートだったが、そのうちパソコンにメモを取るようになった。そして保存先にクラウドを使うようになってから、blogにしてネット上にupすればいいんじゃないかと思うようになった。その方が、クラウドで管理するより、よっぽど閲覧が楽だ。それがこのblogを始めたきっかけだ。

 こんなblogを読む物好きなど世の中にいるのかどうかわからないが、まぁ自分の備忘録であり、自己満足でやっているのだから、そんなことは気にせず気長に続けていこうと思う。

広告