読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

2019-05-21から1日間の記事一覧

井伏鱒二初期短編

飄々として、軽妙な人物像。淡々として、起伏のない情景描写。 何が面白いのか、と言われれば、説明に困るような作品。。。それが井伏鱒二の短編に感じることだ。 しかし、文章は平易かつ的確で、目の前にありありと情景が浮かんでくる。この描写の巧みさが…