読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

2019-02-05から1日間の記事一覧

Franz Kafka『審判』(1925)

*「日常」という目に見えない負担 Kにとって訴訟とは何だったのか。 この訴訟には、終わりも見えなければ、進展も見えない。それでいて、生きている以上、ずっとつきまとって離れないものだ。ただ重い負担となって、ずっとKにのしかかっている。 Kの生活は…