読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

東京の夏祭りに情緒はあるのか?

 夏ももうすぐ終わる。

 9月になっても蒸し暑い日は当分続きそうだが、なぜか9月に入ると夏は終わったという感じがする。

 普段、出不精の私も、夏になると山やら川やらに出かけるようになる。ついでに近所の夏祭りに寄ったりもする。

 ただ、毎年、夏祭りに出かける度にひとつ気になることがある。

 それは、「東京の夏祭りに情緒はあるのか?」ってことだ。

 なんだ、それ?って思われそうだが、けっこう本気で考えている。

 都内の花火大会に出かけた際のこと。

 通りは人でごった返していて、歩くのもやっとという感じだ。会場までようやくたどり着き、やっとの思いで場所を見つけて腰を下ろす。
 花火の打ち上げが始まるころには、大体の人が、場所を見つけて腰を下ろしていた。

 やっぱり、日本の花火は、世界で最も美しいと思う。日本が世界に誇れるもののひとつだろう。

 だが。。。

 その花火の美しさをすべて台無しにするものがある。

 それは、「音」だ。

 何の音か?スピーカーである。

 会場のあちこちにいる警備員がそれぞれ拡声機を持って、花火大会の間中、ずっと交通整理のための注意と指示を出している。
 交通整理の重要さは十分理解しているつもりだ。都心のお祭りのような人出の多いところでは、将棋倒しの危険性などもあって、命の安全にも関わる重要なものだ。

 しかし、それでもあえて言いたい。そんなに、のべつ幕なしに拡声器で叫び続ける必要があるのかと!!

 確かに、花火の打ち上げが始まるまでは、会場は人でごった返していた。しかし、打ち上げが始まったら、ほとんどの人は腰を下ろして見ていて、歩いている人はまばらだった。

 それにもかかわらず、警備員は、「線の内側歩いてくださーい」「ロープより前に出ないでくださーい」「右側通行で歩いてくださぁ~い」等々、ひたすら同じ内容を繰り返し繰り返し連呼している。機械的に同じ内容を、ほんとに機械みたいに繰り返している。まるで駅のアナウンスやエスカレーターの注意喚起の放送みたいだ。

 あまりにも当たり前すぎるバカバカしいことまで、拡声機で叫びながら注意してくれる。。。これが日本の心遣い?ということなんだろうか。
 私の一番近くにいた警備員は、約2時間の花火大会の間中、ほとんど息継ぐ暇もなくずっと連呼していた。これは、仕事熱心と評価すべきなんだろうか。

 主催者側からすれば、何か事故が起こっては問題だ、という意識は分かる。責任の重さから厳重な警備を依頼するのだろう。
 しかし、そうだとしても、花火が始まり、人の流れが落ち着いてきた後においても、拡声機で終始同様の内容を叫び続けていたのは、明らかに不必要で、過剰なものだったと思う。
 皆が花火の鑑賞をしている間ぐらいは、すこし静かにしてほしかった。

 花火の美しさも、それを見ている間中、永遠と横から聞こえてくる「ロープの内側は歩かないでくださぁーい」「会場は○○まででぇーす、それ以上は行かないでくださぁーい」というがなり声ですべて台無しにされた気分だ。

* * * * *

 これ、別にこの花火大会に限ったことではない。

 都内で行われた燈篭流し。
 夜、日も沈んで暗くなった川面に揺らぐ燈篭の火。日常をふと忘れるような幻想的な景色だ。

 が!

 やっぱり、そこでもずっと拡声機で指示を出し続ける人物がいる。

 今回は警備員ではない。参加者が燈篭を川へ流す際に、その整理にあったっている祭りの実行委員の人だ。「はい、立ち止まらないでください」「前へ進んでください」「燈篭の火は、ここで付けてくださぁーい」「写真は撮らないでぇ!前へ進んでぇ」「写真は流したあとで、こっちで撮ってくださぁ~い」「立ち止まらないでぇ!後ろが来てマース」

 会場全体に響き渡る音量で、このおじさんの声だけが祭りの間中ずっと聞こえていた。

* * * * *

 もう、都内の祭りはどこへ行ってもこんな感じだ。人々も慣れたもので、拡声機の音など気にもかけてないようだ。そりゃそうだ。東京は、普段から、街中の至る所から拡声機やスピーカーの大音量を流しているような騒々しい都市だ。これくらいの「音」など気にもならないのだろう。

 こんなこと、いちいち気にする私の方がおかしいのかもしれない。

 さて、最初の問い。

 「東京の夏祭りに情緒はあるのか?」

 みなさんは、どう思いますか?

f:id:hobo07:20160823034804j:plain