読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

Bob Dylan - Bringing It All Back Home (1965)

 The album is divided into an electric and an acoustic side, although the acoustic side included some tracks in which other instruments were backing up Dylan and his guitar, but no drums were used. On side one of the original LP, Dylan is backed by an electric rock and roll band—a move that further alienated him from some of his former peers in the folk music community. Likewise, on the acoustic second side of the album, he distanced himself from the protest songs with which he had become closely identified (such as "Blowin' in the Wind" and "A Hard Rain's a-Gonna Fall"), as his lyrics continued their trend towards the abstract and personal.

Bringing It All Back Home - Wikidedia

"Bringing it all back home"
それを全て、うちへ持ち帰れ!

 Bob Dylanの数あるアルバムの中で、最も優れた作品はやっぱり、Bringing It All Back Homeだと思う。(個人的な感想で申し訳ないが。)

 Bob Dylanがelectric bandを率いて収録した初めてのalbumで、A面をelectric rock、B面をacoustic folkで構成している。Bob DylanがFolk singerからRock musicianへ移る過渡期の作品と評価されることが多いが、Folk、Rock、Bluesを融合させた独自の音楽を生み出した作品で、それ自体革新的なものだ。
 それは、1曲目のSubterranean Homesick Bluesから明らかだろう。この作品は古いTalking Bluesを現代風に解釈し直して、Rock Musicとして作り上げている。Bluesから現在のRap Musicへの橋渡しとなったような曲だ。

 この曲の歌詞を断片的に書いた用紙を次々と投げ捨てていくmusic videoが非常に印象的で、Bob Dylanといえば、この曲と映像が彼の代名詞になるほどだ。まぁこの時代にあの映像センスは、ほんと脱帽する。ともかくカッコいいです。


Bob Dylan 'Bringing It All Back Home'

ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム

ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム

  • アーティスト: ボブ・ディラン
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct(Japan)Inc.
  • 発売日: 2014/04/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

広告