読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

シューカツっておかしいと感じたときに読む本

仕事 女性 悩み

大沢仁・石渡嶺司『就活のバカヤロー ~企業・大学・学生が演じる茶番劇~』 (2008)

*面白いが建設的な話は何もない
 企業は職業経験のない学生を評価しようとするから、学歴しか判断材料がなくなる。学生は職業経験がない中で、自己PRを行わなくてはならないから、自己分析という全く職業能力や意欲とは関係ない自己批判を迫られる。。。

 企業にとって必要なものとは、利益を生み出せる能力であるはずだ。特に、利益を生み出す新たな仕組みを考えることの出来る人材は、経済状況がめまぐるしく変化する中で最も必要とされているものだろう。
 それを企業も学生も分かっていながら、まるで占いか何かの性格判断のような、経済活動とはなんら関係ない自己分析を聞かされ、言わされている。学生はマニュアルに従って作り上げた虚像をPRし、企業は学生に自己分析を求めながら、その裏では実際は学歴で判断している。お互いそれが茶番でしかないと分かっていながら、続けているのだ。これほど滑稽な話はない。

 大学側も就活に対して腰の定まらない茶番を演じている。企業の採用活動が年々早まることに不満を持ち、早期化是正の要望書を出しながらも、就職率が学生の入学数を左右するために、学生の就職支援に力を入れていることを宣伝するというちぐはぐなことを行っている。

 大学、学生、企業の三者ともに現在の就活という雇用慣行に違和感を覚え、上手く機能していると思っていない。それにもかかわらず、日本では相変わらずこの就活という雇用慣行が永遠と続いている。

 本書はそれぞれの立場から、就活に対する不満を面白くまとめている。今の就活という慣行は、著者の言うように狐と狸の化かし合いで、突っ込みどころ満載であるから、それぞれの立場からお互いを批判し合っている姿など滑稽そのもので、読んでいて非常に笑える(そしてこんな馬鹿なことをいつまでも続けている日本という国に対してやがて悲しくなる)。

 しかしこの本、日本の就活ってちょっとおかしいんじゃない、と疑義を呈したのはいいが、それ以上のものではない。就活という制度を批判的に検討し、見直そうとする観点は、本書にはまったくない。それぞれの立場から愚痴と文句を言い合っておしまい。建設的な議論はどこにもない。

 学生には卒業後に最低でも1年以上のインターンを行わせて職業経験を積ませる。企業は新卒、既卒、中途関係なくインターンを含めた職業経験を基準として、利益に対する生産性があるかどうかで人材を判断するようにする。大学は、面接必勝法みたいな予備校の合格マニュアルのような職業支援をやめて、学生に職業経験や専門性を持たせるための支援を行うべきだ。
 要は大学新卒の定期一括採用という個人の職業経験を無視した世界でも稀に見る馬鹿な制度をやめればいいだけだ。

 こうした日本の人事慣行は、人材を生産性や能力で判断しないで、会社への帰属心や教育のしやすさで判断してきたから生まれたものだ。終身雇用を前提とし、会社があたかも擬似家族的な共同体であった時代に生まれた考え方でしかない。現在、終身雇用が崩れているにもかかわらず、未経験で教育しやすい人材を囲い込もうとする企業の態度は全く変わらず、この不合理な採用人事を相変わらず続けているのだ。
 大学新卒の定期一括採用という全国横並びの雇用慣行を未だに続けているから、このような極めて滑稽な茶番が生じる。しかし、この著者にはそれを改めようと提言する考えはないらしい。文句の言い合いは読んでいて面白いが、もう少し建設的な議論につなげてほしかった。

就活のバカヤロー?企業・大学・学生が演じる茶番劇? 光文社新書

就活のバカヤロー?企業・大学・学生が演じる茶番劇? 光文社新書

 

 

佐藤孝治『<就活>廃止論 ~会社に頼れない時代の仕事選び~』 (2010)

*著者の提言では、結局は、新卒の一括採用という現状を温存させる
 著者は就職、採用活動のコンサルタントであって、要は就活ビジネスに関わっている人だ。そういった立場の人が就活廃止論などはじめから提言できるわけもなく、本書の題はただの煽りでしかない。
 終身雇用が崩れて、企業の採用活動も変わり始める中で、従来の新卒一括採用が、企業にとっても学生にとっても極めて不合理なもとしかなっていないことを指摘しつつも、その後の著者の提言は現状を追認しているようなものばかりだ。

 著者は、今後の就活のあり方として五つの案を挙げている。

・選考試験を大学一年から始めること
・複数年入社パスの発行
・入社意思表示は大学四年の10月
・選考試験フィードバックの実施
・新卒通年採用

 以上の五つだが、これでは学生に対して早めの就職活動の開始と企業に対する選考期間の長期化を提言しただけで終わってしまい、問題の本質である新卒一括採用という慣行自体を改めようという話にはならない。
 米国のように職業経験者を対象とした採用活動を基本として、学業と就労の間を自在に行き来できるような仕組みを作ることが今の日本に必要とされているように思うのだが、そうした問題には2ページ程度でさらっと触れておしまい。
 学生に対して、早くから就職に向けて意識的に準備し、インターンシップを積極的に活用することを提言し、就活における5%の勝ち組になれるよう指南しているだけで、自己啓発系の就活マニュアルにあるような内容に終始している。

 題の過激さにひかれて、本書を手に取ってみたが、「就活」というこの日本独特の制度の問題点を洗い出して、就活という制度それ自体を見直そうとする問題意識は、本書からはほとんど感じられなかった。著者は所詮は「就活屋」であって、その域をまったく超えていない。実際、現在の就活のあり方を固定している大きな要因の一つである就職支援業界の利益構造という問題には、ものの見事に一切触れていない。

 もちろん、これから就活という日本の不合理な制度に直面しなければならない学生は、読む価値はあると思う。学生時代の貴重な時間を自分のキャリアに全くつながらない小遣い稼ぎだけのアルバイトで過ごすべきではなく、著者の言うようにインターンシップなどキャリアに結びつく活動をするべきだ。しかし、本書は題から期待できるような内容ではまったくなかった点が非常に残念。

<就活>廃止論 会社に頼れない時代の仕事選び (PHP新書)

<就活>廃止論 会社に頼れない時代の仕事選び (PHP新書)

 

・関連記事

07newslabo.com

広告