読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

電子書籍の表紙 その2

 最近は電子書籍を購入する機会が非常に増えた。まだ紙の書籍の方が読みやすいのは確かだが、置き場や持ち運びを考えると、やっぱり紙の書籍を買おうという気がおきなくなる。読み捨てにしてもいいような本だけを紙媒体で購入している。

 しかし、私のような電子書籍推進派にとっても電子書籍を購入するにはまださまざまな障壁がある。

 まずは値段だ。
 今の電子書籍の値段は、紙媒体の書籍と同じ価格か、あるいは1割から3割程度の値引きで、まだまだ高すぎる。

 電子書籍は、所有する権利を購入しているのではなくて、読む権利を得ているだけだ。電子書籍を提供しているAmazonやAppleがサービスの提供を止めてしまえば、その権利の保障は怪しくなる。他の企業が引き継ぐ可能性が高いが、実際どうなるかはその時になってみないと分からない。
 そのため、物理的に所有していないという利用者の不安を払拭するほどの価格的な優位性がないと多くの人は購入に踏み切れないだろう。
 もちろん、こうした不安は、銀行がつぶれたら銀行に預けた金はどうなるとか、cloud strageに預けたデータはいつまで保障されるの、とかいった類いのものと同じで、それほど心配する必要がないものだと思う。心配しすぎてお金もデータも全部自分の手元に置いておく方が、よっぽど紛失する危険が高いだろう。
 電子書籍ももう少し安くなれば爆発的に普及すると思うのだが、今のままではBookoff一人勝ちだろう。

 そして次に電子書籍の購入をためらわせる障壁になっているのが、表紙画像だ。
 日本広しと言えど、おそらくこの点を突っ込んでいるのは私一人ではないだろうか(笑)。
 どーいう訳か、日本の電子書籍の表紙画像には帯が映りこんでいる。これがどーしょうもなくダサい、醜い、安っぽい。
 紙の書籍に関しても、この帯、邪魔だと思うのだが、それでも捨ててしまえばそれでいい。だが、電子書籍の場合は、一度購入すると二度と表紙画像を変更できない(表紙画像をupdateする可能性も無きにしも非ずだが、出版社がわざわざそんなことするとは思えない)。
 こんな細かいこと気にしているのは私だけなのかもしれないが、蔵書家の中には本をただのインテリアにしている人もいるぐらいで、細かい美意識にこだわっている人も多いと思うのだが、どういうわけだが、表紙画像に拘っているのは私ぐらいのようだ。

 表紙画像の糞醜さ、醜悪さを理解してもらうために類型別に事例を挙げておこう。


①電子書籍用に新たな画像を用意する場合

f:id:hobo07:20150317190420j:plain
 何これ?吉川英治の三国志全八巻を一つのファイルにまとめたものだが、何なのこのやっつけ仕事?
 講談社の吉川英治文庫は、表紙絵が非常に味わいがあって気に入っていて買い揃えていたが、この電子書籍版の表紙を見たときには、えらく落胆した。
 なんなんじゃ、こりゃ。表紙絵画家に謝れ!吉川英治の電子書籍版が出版されたというので買い換えようと思っていたが、この表紙絵を見て購入を止めた。

 日本のAmazonで日本語対応の電子書籍が出版される2012年以前によく米Amazonで電子書籍を購入していたが、紙書籍の複数巻を合本して一つの電子書籍にして販売する際、新しい表紙を準備していて非常に感動したのを覚えているが、日本で合本版が販売されたらこの有様だ。

②著者や推薦者の顔や名前が、どあっぷ!

f:id:hobo07:20150317192139j:plain
 これも何なんだろう?おっさんの顔など見たくもない。池上さんは著者としては尊敬するが、決してご尊顔を拝して気分のいいお方ではない。こんなおっさんのドヤ顔のガッツポーズなど、電子書籍ビューアー開くたびに見たくない。

 この場合はまだ著者本人の顔だからましだが、単なる推薦者の顔やら名前やらがでかでかと載っている場合がある。書籍自体との関連性すらない。どれほど内容のすばらしい書籍であっても、そのような表紙画像を使った電子書籍を購入することは私の場合、絶対にない。絶対にだ!

③陳腐な宣伝文句の羅列!

f:id:hobo07:20150317194115j:plain
 これが一番多い。電子書籍の表紙画像に、帯の映像をそのまま載せている。それも極めて陳腐で下らない宣伝文句が書いてある。新書だけでなく、学術的な内容の本に関してもまったく同じだ。やはり帯の宣伝文句を載せる。電子書籍は買ったら最後、永遠とこの下らない宣伝文句を見させられ続けるのだ。

 日本の出版社は本気で電子書籍を売る気があるのだろうか。それとも日本人のように美意識などかけらもない民族には、宣伝文句をガチャガチャと書いた方が売れるという市場調査の結果なのだろうか。
 おそらくその両方なのだろう。日本の出版社は、電子書籍など本気で売るつもりはないし、再販制度と大手取次ぎ店に守られた旧態依然の中でまどろんでいたいのだろう。また多くの日本人は、見た目の美しさなどまるで気にしない人々の方が圧倒的大多数だから、表紙画像に新たな経費をかけるより、宣伝文句をベタベタ張った方が売り上げにつながると考えているのだろう。

 日本で電子書籍が普及するのは、まだまだ先のようだ。電子書籍普及のためには、日本の出版社は一度すべて潰れた方がいいのではないか。そう思っているのは幸いにして、今のところ日本全国で私一人だが、いつそれが多数派になるか分からないですよ!出版社の皆さんっ!!

広告