読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

自炊の代行

山積みの本

自炊とは?

 紙の本を裁断し、スキャナーで読み込んで電子化することを自炊という。データを「自分で吸い上げる」という意味からできた用語らしい。

 これ、やってみると分かるが、とほーもなく手間のかかる作業だ。そこで、最近では、この自炊作業を代行してくれる会社がいくつか現れてきた。

 「自炊」というのも変な言葉だが、「自炊代行」はさらに変な言葉だ。他人にやらせる自炊って何か語義矛盾のような気がする。「他炊」って言うべきじゃなかろうか。

 まぁそんな誰も気にしないようなことはおいといて、自分でも実際に自炊に挑戦してみた。たが、これが、ほんとに大変な作業なのだ。このやたらと手間のかかる作業に、最近ではもうあきらめてしまって、結局「他炊」をお願いすることにした。

 まずは業者選びだ。
 富士通の家庭用scanerを利用しただけの怪しげな業者が多いので、業者は慎重に選ばなくてはならない。
 とりあえずBOOKSCANというところは信頼できそうだ。

www.bookscan.co.jp

自炊代行は違法か

 しかし、自炊代行業を巡っては、著作権や知的財産保護上の法的な問題から裁判上で何度か争われているらしい。
 作家や出版社からすれば、電子化してコピーしたものが出回られては大変だということらしい。

 自分で書籍を電子化することは、私的利用を目的としていれば何も問題がない。音楽のCDをコピーすること同じだ。
 代行業者だけが問題になるというのは、法律的な一貫性に欠けているようにも感じる。まぁ、そもそも、法律が、このような事態を想定していなかったということなんだろう。

 個人で私的利用を目的にしているなら、「自炊」か「他炊」かは、問題でないように思うのだが、どうだろう?なかなか法律上も決着がつかないようだ。

 ともかく、自炊の苦しみから早く解放されたいっ!電子書籍を普及させるなり、他炊を認めるなり、はやくどーにかしてもらいたい!

広告