読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

美しいドイツ語

 ドイツ語、ではなくて、独逸語と表記していた時代。独逸語は非常に響きの美しい言語とされていた。
 ゲーテ、ヘルマン・ヘッセ、ハインリヒ・ハイネ……多くの詩人を輩出し、ワーグナーメンデルスゾーン、バッハ、ベートーヴェンなど、古典音楽を築いた人々の国。
 詩と歌の国、ドイツ。

 それがどうしてこうなった。。。。

youtu.be

 確かにドイツ語って、長い単語が多いなぁ。それに複合名詞compound nounが多いから、なおさら長くなる。

youtu.be

 もう、あなたやりすぎ。

youtu.be

 いやいや、日本語もいろいろとおかしい。

youtu.be

 いやぁ、改めてドイツ語の美しさを実感しました。