読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

桜の森の満開の下には

 桜の樹の下には、ぶるーしーとが敷きつめられている!

 桜の花が咲くと人々は酒をぶらさげたり団子をたべて花の下を歩いて絶景だの春ランマンだのと浮かれて陽気になりますが、これは嘘です。なぜ嘘かと申しますと、真っ青なシートと真っ赤な三角コーンを桜の下に並べ詰めても誰も何も気にせず、人々はただ飲んで騒ぐことだけに関心があるからであります。人々は桜の花の美しさなど気にも留めません。せっかくの満開の桜景色を「ぶるーしーと」と「さんかくこーん」で汚し、桜並木の美しさを台無しにしても憤る人などいません。日本人は、生まれつき美的感覚が欠落しているのです。これは信じていいことだ。

 *  *  *  *  *

 どっちが死体が出てきて、どっちが鬼が出てくるのかよくごっちゃになるので、いっその事まとめてみた。しかし、残念ながら、へーせいにっぽんでは、死体も鬼も出てくることはなく、出てくるのは「ぶるーしーと」と「さんかくこーん」だが。

 *  *  *  *  *

 今年も桜の季節を迎えた。週末は雨だが、週の中ごろには晴れて、桜も満開を迎えるだろう。街中を歩いていても、桜の花の眺めにふと足が止まる。街路で一斉に咲きだす桜を見ると、普段あまり気付かないが、こんなにも桜が植えられていたのかと驚かされる。

 桜は歩いて眺めるに限る、と思う。桜の花だけを眺めるのではなく、桜の花びらが舞う通り全体の景色や、桜並木が作り出す桜の花と街路が一つとなったの眺めの美しさは歩いて見て回るときにこそ、分かるように思える。

 場所取りをして、座って眺める桜は、その美しさの半分も伝わらない。なので私は、場所取りが禁止されている所をいつも歩いて回っている。結局、私は桜の眺めが好きなのであって、「お花見」が好きなわけではない。

 しかし、都内でこうした通りの美しさを眺めることが出来る場所は極端に少ない。都内にも桜の名所は数多くあるが、私が好きなのは、新宿御苑千鳥ヶ淵だ。純粋に桜の花の美しさを眺めることが出来る数少ない場所だ。

 しかし、そのほかの桜の名所と言われているところは全く好きになれない。場所取りに血眼になる人々、飲んで騒いでるだけの人々、山積みにされたゴミ、そして何より、桜の下一面に敷かれたブルーシート!それに輪をかける形で、やたらとあちこちに置かれた三角コーン!そうしたすべてのものが人々の目には入っていないようだ。

 桜の下に平然とブルーシートを敷く日本人が、「日本人は桜を愛しています」とか「桜は日本の象徴です」とかぬけぬけと抜かすのだから呆れる。日本に観光に来た外国人を花見に連れて行って得意げでいる日本人などまさに滑稽の極みだろう。日本人が桜の美しさなどまるで気にも留めていない証拠が、まさにそのブルーシートと三角コーンなのだから!

 桜の森の満開の下には。。。そう、「ぶるーしーと」が敷き詰められ、「さんかくこーん」が並べられている。。。そして、それを誰も気にも留めない。。。そう、それが今の日本の美意識なのです。日本の誇る桜の美しさなのです。

f:id:hobo07:20150329214709j:plain