読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

廃品回収車などによる騒音被害には110番を!

 廃品回収車の騒音に関して、中野区に問い合わせてみた。生活環境分野環境公害担当の方のお話では、廃品回収車による騒音に関しての苦情は非常に多いらしく、毎年100件を超える苦情が区に寄せられるらしい。そこで区の方でも取締りのための巡回を実施しているそうだ。

 だが、私の住んでいる地区ではほぼ連日廃品回収車が回ってくる。土日ともなれば朝から晩まで10台以上の廃品回収車が回ってくる。自宅の前の通りを同時に2台すれ違っていくことなどもよくある。この地区の騒音の多さは、ほとんど常軌を逸している。

 全く区による取締りなど効果を発揮していないことを問いただしたところ、苦情が寄せられるのはほぼ中野区全域にわたっていて、全域を巡回するのは限界があるとのこと。また土日祝日は巡回を行っていないため、区だけで取り締まるのは難しいらしい。

 ならどうすればよいのかと聞いたところ、廃品回収車を見かけたらすぐに110番をしてくださいと言われた。警察は騒音に対しても取締りを行っているので警察が対応しますとのこと。警察であれば機動力があるのですぐに現場に行って対応することが出来るし、逮捕の権限もあるので警察に連絡する方がよいとの説明だった。

 しかし、廃品回収車の騒音程度のことで110番に掛けるのはどうしても抵抗があるし、普通の人であれば躊躇してしまう。その点がどうしても気になったので、110番で本当にかまわないのかと念を押して質問してみたら、中野区でも中野署、野方署に廃品回収車の取締りを実施するように要請を行っていて、警察とも連携して対策を行っているので全くかまわないとの返事だった。

 で。実際に110番に掛けてみた。110番に掛けたのなんて生まれてはじめてだ(ある意味日本の平和を実感したが)。

 やはり最初は少し緊張するので、廃品回収車のナンバーまで控えてから連絡した。以下がそのやり取り。

「はい、こちら警視庁110番です。事件ですか、事故ですか?」
「いや、事件というわけではないんですが…」
「では、どうされましたか?」
「自宅の近辺を廃品回収車がずっと回っていてかなりうるさいんですが。」
「あぁ車の放送がうるさいんですね。どこの何町ですか?」
「中野区○○の×の×の近辺です。近くに○○がある辺りです。」
「車はどんな特徴ですか?軽トラですか?」
「はい、白の軽トラです。あと車のナンバーもさっき控えたんですが。」
「あぁぁそーですか(ちょっと驚いた様子)!ではナンバーお願いできますか。」
「横浜480 かXX-XXです。」
「わかりました。では、すぐに警察官を向かわせますね。それとあなた様のお名前よろしいですか?」
「匿名でお願いします。」
「はい匿名ですね、じゃぁ対応後の報告も必要ないですか?」
「はい、必要ないです。大丈夫です。」
「わかりました。連絡ありがとうございました!」
「はい、すみません。お手数おかけしますが、よろしくお願いします。」

 2分もかからないくらいで終わってしまった。廃品回収車など拡声機鳴らしながら巡回する車両への対応を依頼する人は結構多いようだ。警察の対応もずいぶんと慣れている感じだった。非常に快く応じてくれた。名前は基本的に匿名で問題ないらしい。その後も何度か掛けてみたが、名前やその後の報告といったことは、聞かれないことの方が多かった。

 廃品回収車に関しては、不法投棄や窃盗も問題になっているので警察はむしろこうした通報には積極的に対応しているようだ。廃品回収車に限らず、竿竹屋やら豆腐屋やら、彼らのやっていることは条例違反だし、ほとんどが犯罪予備軍のような連中だから見かけたら躊躇せずに110番に掛けるのがよい。

 110番を掛ける際は、なるべく詳しく伝えるのを心がけるようにすること。車の色や車種、どの地区にいて、どの方面へ向かっていったかなど。ナンバーも控えられるようであれば、一部だけでもメモして伝えるとよい。私の場合は、カメラでナンバーを取ってから連絡するようにしている。最近のカメラはコンパクトカメラでも20倍以上の望遠が出来るので、アパートの6階からでもナンバーがバッチリ写る(日本の技術はホントすごい、と感心していたら中国製だった)。

 ともかく、拡声機で喚き散らしながら町中回るといった世界でも例を見ないような非常識で恥知らずな営業を決して許してはいけない。日本の恥以外の何物でもない。騒音に悩まされているようなら、迷わず110番することを強くお勧めする。

*追記
 110番以外に廃品回収車の騒音に対する対策として個人ができる方法は下の記事でまとめてあります。参考にしてください。

blogboyo.hatenablog.com