読書亡羊

気ままに読書、気ままな読書日記

2015-04-29から1日間の記事一覧

Jean-Jacques Rousseau『孤独な散歩者の夢想』 (1782)

ルソーの遺作となった作品。 夢想とある通り現実と妄想の間を行き来するような内容で終始、ルソーの独白が続いていく。 ルソーは、一般的には社会契約論を唱えた社会思想家として知られているが、社会思想や哲学の他に、博物学、音楽理論、芸術論などの著作…